銀行借入

審査は保証会社が行う

無担保型での審査は保証会社が行うことになります。

 

補償の対価として銀行から保証料を払ってもらいます。

 

保証会社とは、銀行のグループ会社や信販会社消費者金融会社です。

 

審査は、申込者の情報を入力すると、一定の計算をして賃出可否を判断する「自動審査システム」によって行われます。

 

入力方法は申込書に記載される年齢・性別・勤め先・勤続年数・年収・家族構成といった項目です。

 

自動審査システムには、過去の賃出の事例から作られた貸倒れが起りそうな人を判別するモデルが組み込まれています。

 

自動審査のスピードは非常に速く、顧客は早ければ申込から30分程度で結果がわかり、当日に借入ができます。

個人信用情報機関の役割

カードローンの審査で重要なのは、「個人信用方法のチェック」です。

 

金融機関が貸倒れの可能性の高い申込者を特定するため、自己破産していたり、他社での借入返済を延滞したりしている顧客の取引歴(=ブラック情報)を共有する機関をつくっています。(全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター連合会など)。

 

個人信用情報のチェックとは、その機関に申込者について照会を行うことを指します。

 

ここでブラック情報があれば、非承認となり借り入れはできません。

主な個人信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

銀行、その他金融機関、信用保証協会など

株式会社シー・アイ・シー(CIC

クレジットカード発行会社、信用保証会社、ローン/リース会社、小売、大手消費者金融会社など

株式会社シーシービー(CCB

金融機関、消費者金融会社、ローン/リース会社など

全国信用情報センター連合会

消費者金融専業会社、商工ローン会社、中傷金融会社、(街金)など

株式会社テラネット

銀行系カード会社、流通系カード会社など